スタッフブログ

今年もよろしくお願いします/山村ブログ

遅まきながら

明けましておめでとうございます。

今年も弊社とお取引いただいているお客様、このHPを見て頂いている皆様、というかすべての皆様に幸多き年になることを願います

山村で御座います。

今年も切磋琢磨で頑張りますので、

どうぞ、

どうぞ宜しくお願いいたします。

皆様お正月はいかがお過ごしだったでしょうか?

私は業務のちょっとした合間に正月に遊んだ時の写メを見ながら薄気味悪くニヤニヤするくらいいろいろ楽しめまして、すごくリフレッシュになりました。

まあおかげで、明けから1日も休みなく夜中まで仕事しているんですけれども・・・

年が変わったとはいえ、やはりこの業界3月までが年度末。

弊社もやはりいろいろと仕事も追い込みにかかってきて

大雪で現場が延期になったり、

大雪で1日会社の除雪をしたり、

大雪で現場にたどり着けなかったりしています。

ホント勘弁してください(泣)

さて、

今回は太陽光発電について少し。

当初の指針が間違っていたんではないか?と思うほどに、国、電力会社に振り回されていたといっても大げさではなかった昨年までの再エネ市場ですが、

今年度の買取金額のこととか、買取抑制期間の件と言い、市場を縮小させるかのようなネガティブな情報が目立ちます。

私個人の気持ち、考えとしては「まぁこれまでは大盤振る舞いすぎたんだろうな」という気持ちと

「でもこんな急な変わり方では再エネ市場は衰退していくばかりではないのかな・・」

という気持ちが半々です。

弊社としては検討して頂いたお客様に対しては、余剰、全量買の取償却年数、全量買取なら20年間の売電シミュレーション等などで、途中で売電金額が下がったり、日照量がありえないくらい低くなる等の事でもない限り、設備の設置に対してのメリットある提案をするよう努力をしています。

大きな全量買取設備を設置したお客様のシミュレーションを自分で作っていて「うわあ いいなあ・・」と思うくらい良かったり

余剰買取の設備を設置したお客様はやはり昨今の電気代の値上がり、そして使っていない発電を売電できる、節約すれば電気代は下がっていくし、収入にもなるということで喜ばれているお客様の声を聞きます。

じゃあ、これからどうなるのか?

いま世間で流されている、真偽は別としてネガティブな情報、ポジティブな情報をみていくと、あくまで私個人の考えではありますが「再生エネルギーを定着させる」という方針は変わらないと思います。

設置してお得!、て訳ではなく

各戸について当たり前、というようにしたいのではないかと(個人的に)思います。

だからと言う訳ではないのですが、やはり弊社としては

より安価に、導入しやすく、確実な施工、保障体制で、お客様に電気代削減、効率的な発電で生活のプラスになるような提案をしていこうと思います。

今年度の買取価格でも、まだ不明な買取価格でも、メリットのあるシミュレーション、償却年数、価格になるようこれからも弊社は頑張ります。

導入を見送るのはシミュレーションを見てからでも遅くないです!

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!


ページトップへ