スタッフブログ

Panasonic Space Player レポ

先日、取引先のパナソニックさんから新商品をお借りして実際に操作してみたときの様子をレポートします。

SpacePlayer本体
↑取付前の本体写真です。

 

今年の7月にPanasonicで発売する「Space Player」は照明機能と映像投影機能を組み合わせた商品で、
簡単に言うと「プロジェクターになる照明器具」といった感じです。

Space Playerの一番特徴的な点は、配線ダクト取付方式を採用しているところです。

配線ダクトとは、商業施設や飲食店、ギャラリーなどでスポットライトの取り付けに使われているライティングレールで、これにより天井設置の簡易化、自由度の高い設置運用、新しい空間演出方法を実現しております。

 


↑こちらに取り付けてみます(黒いレールで見えにくいのですが・・・)

 

 


↑こんな感じです。付けてみるとそんなに大きくないことが分かります。
取付箇所と落下防止金具をロックして簡単に取付。投射角度の調整も難しくはありませんでした。

 

さて、実際に操作してみての感想ですが、

「面白い!」です。

光源がレーザーダイオードなので長寿命(20,000時間)で省電力(消費電力150W)な長所を考えると映像を長時間と映し続ける用途にも十分使えますが
投影する対象物に合わせて映像を制作すれば、飲食店などで多彩なイベント演出が可能になります。
立体物に合わせて映像を制作すれば、今話題のプロジェクションマッピングも自前で作り出すことが可能になります。

[参考動画]

 

 

今回借りていた期間にプロジェクションマッピングにちょどよいサンプル動画を用意していなかったので、
とりあえず白いトレーに果物サンプルを置いたところにとある映像を映してみました。(参考になるかは分かりませんが・・・)
[参考動画]

2.5mぐらい上から真下に向かって投射しております。
解像度は1,039,80画素(WXGA相当)なので予想以上に綺麗で発色も良かったです。
画面サイズも200インチ相当まで対応できるそうです。

コントロールは専用リモコンのほかに有線・無線LANで専用アプリケーションを利用し、PCやタブレット等で操作することも可能です。
このアプリケーションもなかなかの優れもので、映像のスケジュール管理や画像のコントロール、画像へ直接ペン入力も出来るなど会議やプレゼンテーションにも十分使えます。

無線LANは一般的なwi-fi規格(IEEE802.11a/b/g/n)の他にもワイヤレス伝送技術「Miracast」にも対応しているので、ワイアレスで高画質出力が可能になっています。

 

 

照明器具としても、色合いや照度など細かくコントロールできるので、

例えばレストランで普通にテーブル上を照らす照明として使いつつ
タイミングを見計らって、いきなり照明から映像に切り替える。

「Happy Birthday! Dear ○○○○!」

テーブルに映し出されたバースデームービーに合わせてケーキ登場!

見たいな演出も出来るのが、Space Playerならではの使い方ですね。

弊社でも取扱いを行っております。ご興味のある方はパンフレットもありますので、ぜひお問合せください。

 

株式会社 山村電工 LiL’PLANT 佐々木

 


●Panasonic Space Player

http://www2.panasonic.biz/es/lighting/shop/spaceplayer/

[スペック]
■NTN91000W (本体:ホワイト)オープン価格※
■NTN91000B (本体:ブラック)オープン価格※

○ 灯具:プラスチック(ホワイトつや消し仕上/ブラックつや消し仕上)
○ 光出力:1,000 lm
○ 入力電圧:AC100V 50Hz/60Hz(100V配線ダクト用)
○ 消費電力:125W
○ 重量:3.0 kg
○ 光源:レーザーダイオード
○ 寿命:20,000時間(初期の50%の明るさになるまで)
○ ワイヤレスリモコン付
○ パネル表示方式:DLP®チップ1枚DLP®方式
○ パネル画素数:1,039,680画素(WXGA相当)
○ 推奨映像解像度:1,280×800
○ レンズ:電動ズーム(1~2.2倍)・電動フォーカス
○ スローレシオ※:1.5~3.3:1(※投写距離:スクリーン長辺長さ)
○ 投写範囲:水平より下向き
○ 台形補正:水平・垂直・4点補正(対応角度±40°)
○ 接続端子: HDMI(19P)1系統HDCP対応、LAN(RJ-45)1系統、ネットワーク接続用 PJLink(class1)対応、100Base-TX、10Base-T
○ メモリーカードスロット: SDカードスロット(SDHCメモリーカード32GBまでに対応)×1、本体のみで静止画・動画再生が可能
○ 無線LAN: IEEE802.11a/b/g/n、ワイヤレス伝送技術「Miracast」対応
○ 音声出力端子:M3ステレオミニジャック

注) 本製品はJIS C 6802:2011に適合したクラス2レーザー製品です。使用中はレンズを絶対にのぞかないようにしてください。

○ DLPは、テキサス・インスツルメンツ社の登録商標です。○ HDMI、および High-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。

 

 

お問い合わせ・御見積りはこちらから


ページトップへ