スタッフブログ

生活防衛/山村ブログ

お久しぶりです。

 

本当に

 

お久しぶりで御座います。m(_ _)m

山村で御座います。

 

申し訳ありません

久々の更新です。

 

自分の筆不精っぷりにもう嫌気がさしてきます。

書きたい事は山ほどあるのですが・・・・

 

GW明けからまたいつものごとくバタバタと動き回っていたのですが、最近になってまたあまりよくないニュースがちらほらと出てきました。

北海道電力㈱が中小型の太陽光発電について、新たな受け入れ契約を10月から中断する、

経産省があらためて電力各社の当面の受け入れ可能量を検証する方針、

太陽光の買い取り価格の算定方法を見直す方針だ、などなど

正直 マーケットにとってはネガティブな情報ばかり入ってきます。

事実、弊社がいま請負契約で施工させてもらっている十勝管内の物件等は昨年以前の設備認定を取得した物件が多いのが現実です。

当初制定した制度にうまみが多かったのはこれまで携わっていた経験から解かりますが、

話がその都度変わってしまうと結果エンドユーザー様からの信用が無くなるのはどの業界でも同じだと思います。

なんとか、「一時のブーム」で終わらないよう着地点を決めてほしいものです。

 

さて、今年の弊社ですが、

全量買取(10Kw~)以上の問い合わせがやはり激減しました。ただ、弊社で設置頂いたお客様のリピート率は高く思われます。

まだ増やせないのか等のとてもありがたい問い合わせが何件かあるのですが、

前述のとおり受け入れがやはり不可なものが多くあり、お客様の期待に応えられないケースが多々ありました。

 

今年度の買取価格でも前年度設置の設備に負けないよう頑張ってきたんですが残念です・・

 

ただ、電気料金の値上げが後押ししているのか、余剰買取(10Kw未満、買取金額¥37円)の問い合わせが増えてきました。

全量買取設備の「投資」に近い考え方ではなく、これからの「生活防衛」に近い考えが増えてきたのではと思います。

事実、余剰太陽光設備はまさに(当たり前ですが)電気代削減にうってつけで

北海道電力の受け入れも不可ということは弊社の案件ではほとんどありません。

 

そしてなにより、節約するために設置する設備が節約が意味のないほど高ければ話になりません。

確かな技術、確実な施工がまず当たり前なうえで

安価に設置して、確実に省エネできるような設備を付けなければ意味がありません。

経験上 太陽光発電を販売している各社、得意分野等があるのか、Kwあたりの単価が万単位で違うケースも見られました。

大手だけじゃありませんよ!(笑)

ぜひ検討している中に弊社も選択肢に入れてもらえばと思います。宜しくお願いいたしますm(_ _)m

 

他にも

段違いに電気料をおさえるエコキュート(これは私自分の家に入れて本当に実感しました。そして便利!)

種類も増えより導入満足度が高まったLED照明(今導入を進めているお客様があります。近いうち削減量等アップしようと思います。)

ズバ暖エアコン、HEMS等々

「生活防衛」の為の機器はたくさんあります。

これからは(筆不精にならずに)それらの機器の良さなどを伝えたいと思っております。

 

少しでも興味ある方はぜひ弊社にお問い合わせを!

お問い合わせ・御見積りはこちらから


ページトップへ