スタッフブログ

Q:おすすめの節電方法はありますか?

A:電気工事店的な節電方法で言うと、電気契約の見直し、LED化、太陽光発電、エコキュート・・・などなど

 

節電とは、電気を必要最小限で使用する省エネルギーとしての「節電」の意味もありますが、電気代を節約するという意味であっても良いと思います。

照明のLED化もとても効果的でおすすめですが、それはまたちがうページで魅力を書きますね。

一般家庭でも、もし電気契約を50Aを40Aへ1ランク落とせる状況であれば、基本料金で毎月334.8円(ほくでん料金)節約でき、年間で4,017円の電気代が節約できます。
子供たちが大人になり、家を新築した当時に比べて同居人数が少なくなった家庭では、契約の見直しができる可能性は高いと思います。

また、農家さんで長年あまり使っていない倉庫や牛舎がある場合や、飲食店ではオープン時に負荷設備契約や主開閉器契約ですべての調理器具の最大KW数で計算して契約している場合は、状況の変化により余分に大きな電気契約を結んでいる可能性があります。

低圧電力(動力)契約の基本料金の単価はkW単位1263.6円と高額なため、見直しにより年間数万円の節電効果を見込めることもよくあります。

弊社でも電気使用状況を測定するエネルギーモニターを使用して、数日間の電気消費状況、最大消費KWを確認し、契約見直しのご提案をさせて頂いております。

 

 

write:佐々木


ページトップへ